葬儀コラム

IMSセレモニー Top  >>  葬儀コラム

Contact

終活・事前相談(生前整理・遺品整理)

会社案内

お葬式コラム

家族葬とは・・・・・

近年「家族葬」というネーミングが定着したと思います。
そしてこの家族葬をご希望のお客様には二通りいらっしゃいます。
その一つは故人と繋がってる葬儀です。送る側が故人の人柄や、今までの
人生に相応しい内容を葬儀に反映させ、充分なお別れと送りを行うものです。
(費用をかけるという事ではありません)
もう一つは「安く、簡単」にというご希望です。聞こえは悪いですが、
例えば長い介護の解放感からこれを選択してしまう、仕方の無い事だとも思います。

何れにしろ、故人の為の葬儀でなければ送る家族にとって
意味のないものです。なぜならば、葬儀は残された方々の心の整理の
「場」でもあるからです。また、参列人数も関係はありません。
当社の施行実例では2名様のみで衷心からの通夜・葬儀を行われた方も
いらっしゃいます。
故人と送り手との家族関係の凝縮が具体化されるのが家族葬であることは間違いないでしょう。

どこへ依頼するか?

葬儀社の存在を知らしめる媒体は「タウンページ」「ネット」「折込広告」「口コミ紹介」、変わった方法で「病院からの紹介」があります。
すでにTVなどで病院から紹介された葬儀社には依頼しない方が良いと言われある程度浸透してるようです。
簡単にいえば病院専属の葬儀社として入るにはそれなりの経費が掛かるので・・・
というのが核心でしょうか。
タウンページ、折込広告はどこもそれなりに体裁を整えて掲載されてますので、
どこに依頼するかは「感」頼り。
でもそこで事前に説明を受けられれば内容と担当者の雰囲気は掴めると思います。
注意したいのが「葬儀社を紹介します」というシステムです。
スーパーマーケットが窓口になってたり、或いはネット上での「紹介センター」等です。
どちらも提携した葬儀社に送客して手数料(平たく言えば葬儀社の上前を撥ねる)を葬儀社から徴収するのです。
当然、葬儀社は手数料を葬儀代に上乗せするか、価格指定で上乗せが出来ない場合は質を落として原価を抑えにかかります。
勿論紹介元には分からないように行います。
一番固いのは、近所の友人、知人で最近葬儀を行った方にその葬儀社の評価を聞いてみることです。
良い評価なら依頼、悪い評価なら依頼予定葬儀社から抹消すればよいのです。

お葬式のサービス提供とは

お客様が支払う対価に提供するモノは、
「祭壇」「棺」「花等供物関係」「円滑な運営」が目に見えるモノと思います。
しかし、これら一連の商品はどの葬儀社を選択しようと似たり寄ったりでしょう。
これら商品を使用して「良い葬儀だった」とお客様に感じていただくには何の商品がプラスされなければならないか?
それは担当する「人」が当社の一番の商品でなければならないと考えます。
長くても4〜5日のお客様とのコミュニケーションをどう取れるか?
初対面の第一歩でどうお客様の「この人なら任せて大丈夫」という信頼を掴めるか、から始まります。
通夜前日までの双方のコミュニケーションが充分築き上げられるのであれば、その葬儀式は始まる前に95%は「良い葬儀」に向かっています。
残りの5%は通夜・告別式両日に渡るアクシデントにそれが無かったかのような対応が出来るかどうかだと思います。

家族葬と普通葬、どっちがいい?

都市部では身内だけの家族葬を希望されるご遺族が増えています。
これも時代の流れなのだろうと思いますが、家族葬と普通葬には、それぞれの良さがあります。
一般にはあまり知られていないようなので、現場で感じた両者のメリットとデメリットをお伝えします。

お葬式コラム

まず、家族葬のメリットは、葬儀直前の慌ただしい時期に故人の知り合いを探す手間がかかりません。
家族といえども、故人の交流関係に詳しいとは限りませんので、その点は助かります。
そして、身内だけの式なので、気を遣わずに、故人の死と向き合うことができます。

家族葬のデメリットは、費用的に割高になる場合が多いということです。
基本的に、葬儀に来てくれる人が多ければ多いほど、お香典の金額が増えてご遺族の負担は軽くなるのです。
そして、後になってから、「知らせてほしかった」と言われるケースが大変多くあります。

ご家族とは面識がなくても、故人と親しく交流していた人たちにとっては、最後のお別れをしたかったという思いが強いようです。
さらに、葬儀の後、故人の知り合いが焼香のために、さみだれ式にご自宅を訪問されるため、日常生活に支障をきたす場合もあります。

一方、普通葬のメリットは家族葬と反対で、故人を悼む一連の儀式が一度で済むということです。
人数が多ければ、葬儀費用も割安になります。

デメリットは、弔問客への挨拶など気を遣わなければならないということです。
そして、弔問客の人数の予想が大きく外れた場合、用意していた返礼品や料理が多すぎたり、少なすぎたりして、混乱することがあります。

余談ですが、故人の交友関係を知る手がかりとしては、年賀状のやり取りを参考にするのがおすすめです。

家族葬の場合

家族葬の場合

普通葬の場合

普通葬の場合

家族葬と普通葬、両方の良さを知って、判断材料にしていただければ幸いです。

IMSセレモニー 代表取締役社長 川勝 正一郎

生前整理のお話

最近定着した「終活」というキーワード。

皆様も各マスコミ媒体から情報を得ていると思います。

葬儀もその一つですがここでは、その前の「生前整理」のお話です。

葬儀の事前相談(ご自身のエンディングプラン)は話をしてはいても

少し実感が薄いと感じると思いますが、生前整理になると俄然自らの

最期を実感すると思います。

これまでは亡くなった後にご遺族が遺品の整理に際して、業者に任せたり、

ご遺族自身が行ったりとかなり大変な作業でありました。

私自身の経験をお話ししますと義父が急逝した後、3DK分の住まいの家具から什器備品

に至るまでの廃棄物と形見、その他との仕分けや産廃業者の手配を市役所に聞きながら

一人で行い大変な思いを致しました。

母の場合は入院から老健への移動の後に、住まいの今で言う生前整理を

同じように家具や備品、衣料品、等々の処分を行いました。

義父や母の品々を本人の意思を確認できず整理しなくてはなりません。

「これは必要」「これは廃棄」と考えながらの処分はかなり体力とともに

頭も疲れる作業でした。

したがって「生前整理」はまだご本人が元気に動けるうちに、自らの意思で

整理する事です。いつ入院しても、いつ入所してもいいように身軽にしておく。

其々において愛着や想いの品々とは充分承知の上で淡々と仕分けをしていく

からこそ自らの最期を実感するのかもしれません。

 

廃棄ときめた品々の処分は免許を受けた廃棄物処理業者の手で廃棄されますが、

仕分けはあくまでも皆様個人個人の意思に基づかなければなりません。

弊社では遺品整理はもとより生前整理の無料相談も承っております。